世界の金融の歴史辞典主に現代史(1945年以降)に絞った、各国の金融・経済の歴史年表サイト
 日本  アメリカ  イギリス  スイス  ヨーロッパ  中国  韓国  シンガポール  ロシア  南米   

韓国の金融の歴史

韓国(朝鮮)は第二次大戦前まで、ほとんどの期間で他国の支配下にありました。従って、金融市場の発展も遅れており、韓国で株式市場が設立したのは1969年のことでした。しかし、外国資本の参入を規制していたので、株式市場が成立後も、韓国経済の発展は日本とは比べものにない位に、遅れていました。

年月 分類 事柄
1948年8月 政治・外交 大韓民国が設立
1950年6月 金融 中央銀行である韓国銀行が設立
1950年6月 政治・外交 朝鮮戦争が勃発
南北朝鮮の分断。以後、現在に至るまで休戦状態が続いている。
1969年 金融 株式市場(韓国証券取引所)が開始
1980年1月 金融 平均株価指数(KOSPI)の算出基準日
1981年11月 金融 外国人の投資を部分的に解禁
投資信託や外国人受益証券を通じての投資。
1988年9月 その他 ソウルオリンピック開催
韓国初の主要国際大会開催で、近代化の第一歩となる。
1992年1月 金融 外国人の個別株への投資を一部解禁
1995年 金融 非居住者のウォン建て債券発行が解禁。但し利用者はほとんど居ない。
1996年5月 金融 株価先物指数(KOSPI200)の取引開始
1996年12月 政治・外交 韓国がOECDに加盟
1997年7月 金融 アジア通貨危機が勃発
韓国ウォンもヘッジファンドの投機対象として狙われ、金融危機に発展。
1997年12月 金融 韓国がIMFの管理下に入る
大手銀行などが通貨危機の影響で破綻寸前に陥っていた。IMFの融資で何とか救われたが、財閥解体など欧米資本の韓国経済浸食が始まるきっかけに。
1998年4月 金融 インフレターゲット政策を採用
通貨危機をくり返さないよう、韓国銀行がウォンのレートを管理。
1998年5月 金融 外国人の株式投資を完全解禁
1998年10月 日本関連 日本との間に租税条約が締結
2001年7月 金融 アメリカとドル=ウォンの通貨スワップ協定が締結
2002年1月 金融 個別株のオプション取引が開始
2002年5月 日本関連 日韓ワールドカップ開催
2002年10月 金融 ETFの取引が開始
2004年1月 金融 先物・デリバティブ取引が韓国先物取引所に統一
先物取引所がソウルから釜山に移転。
2005年7月 日本関連 円=ウォンの日韓通貨スワップ協定が締結
2005年11月 日本関連 ポスコが韓国企業初の日本(東証)上場
2007年11月 日本関連 韓国株ETF「KODEX200」が日本(東証)に上場
2008年9月 金融 リーマンショック勃発
韓国株及び通貨ウォンも暴落。但しウォン安が輸出競争力を高め、サムスン・LG・現代などが新興国を中心に販売を急増させた。
2009年4月 日本関連 日本初の韓国取引所上場企業が誕生
IT企業のネプロアイティ。しかし11年7月には韓国資本に経営譲渡。
2009年6月 金融 外国人の韓国国債の利子が非課税に
2009年9月 金融 FTSEが韓国を先進国に格上げ
世界の株価インデックスの振り分けにも影響。
2011年10月 日本関連 日韓通貨スワップ協定が拡大
限度額が30億ドルから300億ドルに(12年10月までの時限処置)
2013年7月 日本関連 円=ウォンの日韓通貨スワップ協定が終了予定

その鎖国的な流れが急変したのが、1997年のアジア通貨危機でした。韓国ウォンもヘッジファンドに売り浴びせ受け、金融機関を中心に民間企業の倒産が相次ぎ、国家的危機が起きました。IMFの融資を受けることで難を逃れましたが、同時にIMFからの様々な要求を受け、国内財閥の解体と外資の流入が急ピッチで進みました。

皮肉にも、IMFの管理下に置かれたことが、韓国経済の近代化と経済成長を生みました。サムスンや現代など、グローバル市場で勝ち残れる競争力を付けた大企業を生みました。そしてリーマンショック後の為替のウォン安(及び日銀の失政による円高)で、サムスンらの躍進は更に加速していきました。

但し2013年に入り、アベノミクス&日銀のインフレターゲットで円安が進み、韓国企業の為替による優位性は剥がれました。既に経営が悪化し始めている韓国企業も増えています。今後は為替頼みの価格競争ではなく、商品・サービスの品質で勝ち残っていける企業が生まれるかに、韓国経済の命運がかかっています。

国別menu  日本 アメリカ イギリス スイス ヨーロッパ 中国 韓国 シンガポール ロシア 南米 
キーワード  リーマンショックの原因 プラザ合意の影響 ITバブルの原因と崩壊の理由
世界の金融の歴史辞典
Copyright (C) 2013 history.nobisiro.com All Rights Reserved.